サーフィン界におけるベストチューブライダーは誰?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今回の動画は、「Who is the best tube rider?」をテーマに、コンテストサーファーやフリーサーファーを含め、数々のワールドベストサーファーたちにインタビューした映像となります。

メディア露出の多さもあってか、大半の答えはワールドツアーサーファーであるケリー・スレーターとジョンジョン・フローレンスに集約しています。特に、40代であるケリーに関しては、これまでの経験も考慮しての答えが多く聞かれます。ノア・ディーンは、ケリーは髪の毛がないから、失速の原因となる波に触れる部分が少ないとのジョークを口にしています・・・。

タジ・バロウは、パーコことジョエル・パーキンソンのフロントサイドも挙げています。ジュリアン・ウィルソンは、経験と緻密さならケリー、スタイリッシュさならジョンジョンとのこと。ミッチ・クルーズは、ケリーの半分ほどの年齢であるジョンジョンを挙げ、同じ経験地ならという想定での答えを出しています。

ディオン・アジアスは、将来性を考慮した上での回答として、ジャック・ロビンソン(16歳)の名前を挙げています。ミッチとディオンのよう、現時点ではなく、仮定を加えた上での回答も興味深いですね。

個人的には、ジェイミー・オブライエンの名前が出てこなかったのが意外な感じがしました。やはり、メディア露出の多さが直結するのかもしれませんね。このインタビューが、ノースショアのシーズン中に行われていたら、間違いなくジェイミーの名前が出てくると思いますので。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)