ロングウォールのリンコンでデーン&コナーが描くマニューバ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

トム・カレンやデーン・レイノルズといったサーフアイコンのホームブレイクであり、世界に誇るスーパーロングライド可能なライトのリンコン。今回の動画は、そんなリンコンをホームとするデーン・レイノルズと若手のコナー・コフィンによるフリーセッション映像となります。

タイムラインは、スタートがデーン、そして2:04~がコナーとなります。南アフリカのJベイ同様、ロングウォールが特徴の波質のため、レールサーフィンが試されるサーフスポットです。

そのため、コナーは基本に忠実なトップターンやレイバックと言ったレールサーフィンをメインのマニューバとしています。一方のデーンは、レールサーフィンも入れながら、随所にトリッキーなマニューバを取り入れ、見ている側を楽しませるようなサーフィンをします。

まるで、二人のサーファーを対比するような映像であり、レパートリーの豊富さからデーンに軍配が上がるのではないでしょうか。波はとんでもなく良いのですが、ここまでロングライドできると、数本乗るだけで足はガクガクになりそうです・・・。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)