コスタリカ生まれオアフ島ノースショア育ちのカラニ・デイヴィッド(16歳)。若手プロサーファーとして、2012年度NSSAオープンジュニアのナショナルチャンプとなったり、2013年度パイプ・プロ・ジュニアで優勝したりと大活躍のハワイアンサーファー。

また、プロスケーターとしても活躍していて、2012年にはワールド・チャンピオンシップ・スケート・ツアーのアンダー16部門で7位に輝いたりと、非常に才能溢れる人物です。ちなみに、カラニはすでにWQSを転戦していて、今年の現時点におけるランキングは101位と、16歳のキッズとは思えない成績をマークしています。これだけの活躍を見ていると、20歳までにワールドツアー入りを果たす可能性は十分にありますね。

今回の動画は、そんなカラニが2014年秋にリリース予定となっているサーフムービー用に撮影された映像の中で、作品に使用しないシーンをまとめた映像となります。

サーフシーンのスタートでは、これまた特技であるドラムをカラニ本人がプレイしています。スケートシーンも収録されていて、当然ではありますが、むちゃくちゃ上手いです。サーフシーンは、あくまでもベストではないライディングシーンなので、サーフムービーのリリースが楽しみです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事