• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

2014年5月13日、ようやく今年初となるビッグスウェルが入ったというニアス。実に、昨年の9月振りということ。波のサイズはセットで6フィート、時折り8フィートほどのお化けセットが入るコンディションが3日間ほど続いたそうです。

こう見ると、ニアスはずっと波がなかったかと思う方もいるかもしれませんが、あくまでもダブルオーバーヘッドの6フィートに満たないようなサイズは小波で、オーバーヘッドほどのパーフェクトコンディションは当たり前といったレベルの世界ではないでしょうか。インド洋を延々と移動しながら勢力を強める低気圧は、パワーがありますので。

そのニアスでスウェルを当てたのは、マウイ島からやって来たデレク・エスカレラ&ラファエル・クルジーノ。3:08~を見ると、これだけのサイズでありながら、GoProを口にくわえてサーフしたりと余裕そうですね。

今回の映像を見て思うことは、ニアスの地形の良さに尽きますね。スウェルさえ入れば、ここまでパーフェクトなコンディションになるのですから。スウェルが続いた3日間は、日中になると軽いオンショアが吹いていたとの事ですが、コンディションは変わらずパーフェクトだったとのこと。安定して波のクオリティが高いことから、スウェルが入ればプロサーファー&撮影班が集結するのも納得ですね。


スポンサーリンク


  • サリナ・クルス(メキシコ)へとファンウェイブトリップ:レイラ・ハースト
  • スペイン人サーファーによる日本満喫トリップ
  • ダミアン・ホブグッドのビッグウェイブハンティングinチリ
  • 南太平洋ソロモン諸島にスーパーヒーローたちが大集結:マッド・ヒューイズ
  • インドネシアでのスローモーション動画:イアン・ウォルシュ
  • 波は間違いないメンタワイ(インドネシア)!タジ・バロウのサーフトリップ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
ついにスタートした今シーズンの「Who is JOB 5.0」。パイプラインを代表するサーファーのジェイミー・オブライエンを中心に、サーフシ...