• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

現地時間7月10日(南アフリカ)、2014年度ASPメンズワールドツアー第六戦Jベイ・オープンのラウンド1~ラウンド2ヒート4まで開催されました。会場のJベイ(ジェフリーズベイ)の波のサイズは4~6フィート。前半はオフショアのクリーンコンディションでバレルもありましたが、後半はオンショアに変わり、ビッグエアーが飛び出すコンディションに様変わりしました。

順当な結果となった本日、唯一の番狂わせとなったのは、ラウンド1でのランキングトップであるガブリエル・メディナの敗退。しかし、敗者復活のラウンド2でしっかりと勝ち上がっています。ラウンド1でガブリエルを破ったのはアダム・メリング。レールサーフィンが得意なパワーサーファーで、Jベイにバッチリとハマっているので、予想通りの展開とも言えました。

本日のヒーローは、何と言ってもジョーディ・スミス。本日のシングルハイエストスコアのトップ3はジョーディで、ジャッジの厳しい今シーズンにおいて貴重なパーフェクト10も叩き出しています。

おまけの情報として、今回のコメンテーターであるオッキーこと、マーク・オクルーポが坊主頭になっていて、驚かれた方もいるはず。オッキーのトレードマークは、ドレッド風のロングヘアーでしたからね。

どうやら、前イベントであるフィジー・プロで、ケリー・スレーターの優勝を予想し、外れた結果だそうです。ちなみに、切り落としたヘアーは「Surf Aid」のチャリティーに提供されたようです。レジェンドは、髪の毛でさえも価値があるんですね。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 2014年度ASPワールドツアー第二戦ドラッグ・アウェア・マーガレット・リバー・プロ:初日ハイライト
  • WCTイベントにおけるガブリエル・メディナのパーフェクト10特集
  • 2015年度メンズWCT第十戦「モチェ・リップカール・プロ・ポルトガル」:三日目ハイライト
  • ヤゴがコロヘを破る番狂わせ!2017年CT第4戦「オイ・リオ・プロ」二日目
  • 2017年CT第2戦「マーギーズプロ」情報!出場サーファー、ワイルドカード、波予報など
  • ツアールーキーとなるイーサン・ユーイングの2016年コンテストのハイライト動画

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事