• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

米国のスポーツ専門誌「ESPN」。同誌において、人気の高い特集として、鍛え上げられたアスリートのヌードを掲載する「Body Issue」というものがあります。

過去にはサーファーも取り上げられていて、登場したのは11×ワールドチャンプのケリー・スレーター、5×ワールドチャンプのステファニー・ギルモア、ウイメンズビッグウェイブサーファーのマヤ・ガベイラの3名。

その3名に続き、新たに登場することになったのは、先日、メキシコで開催された6スターイベント「ロス・カボス・オープン・オブ・サーフ」で優勝したばかりのココ・ホー。


スポンサーリンク


父が2×トリプルクラウンチャンプのマイケル、叔父がメンズ部門でハワイアン初のワールドチャンプとなったデレク、兄はプロサーファーのメイソンと、サーフィンエリートの環境で育ったワールドツアーサーファーです。

幼い頃、筋肉質な体格から、器械体操の選手なのかと聞かれることがよくあるほど、ガッシリとした体型だったというココ。当時は嫌な思いもあったそうですが、プロサーファーとなる上では大きな武器となったので、強くあることは美しい事と思えるようになったそうです。

昔のコンプレックスであった肉体を評価され、今回は取り上げられたのですから、分からないものですね。



ココ・ホーの過去記事は、下記リンク先から参照して下さい。

2013年度WCTウイメンズno.6:ココ・ホー

  • ツアーノートbyハーレー:ノースショア
  • アドリアーノ・デ・スーザ タトゥー
    2015年タイトルレースを演じたアドリアーノ&ミックのビハインドストーリー
  • Who is JOB 5.0:エピソード2
  • インターナショナル・サーフィン・デイにサーフィンのギネス記録更新@ハンティントン
  • トレッスルズ以上に覚醒した強烈ショアブレイクのザ・ウェッジ(ニューポート)@2015/9/7
  • スノーボード スローン・ヘンダーソン
    世界最年少!?あまりにもカワイイ1歳の女の子スノーボーダー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事