先日のWQSプライムイベント「ミスター・プライス・プロ」で5位をマークし現WQSランク17位のジャック・フリーストーン、現WQSランク36位のミッチ・コレボーン、現WQSランク55位のライアン・カリナンと、ワールドツアー入りの可能性を十分に秘めている3人のコンテストサーファー。そして、フリーサーファーのクリード・マクタガート。

今回の動画は、上記4名のオージーサーファーによる、南フランスでのサーフセッション映像となります。ジャック、ライアン、クリードの三人はビラボン、ミッチはボルコムがスポンサーと、なかなかスポンサーが付くには厳しい時期において、メジャーブランドにサポートしてもらっている注目度の高いサーファーです。

特に、ビラボンは数多くのサーファーとのスポンサーシップを解除したことでも知られているので、その中でチームライダーとして残っているのは、ほんとに選ばれたサーファーと言えます。

そんな4名によるフリーセッションだけに、サーフィンのレベルは半端じゃないです。これぞ、若手トップレベルのサーフィンといった感じで、エアーの高さやローテーションのスピードなど、どれを取ってみても絵になります。ちなみに、ジャックとクリードがナチュラルフッター(レギュラー)、ミッチとカリナンがグーフィーフッターです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事