真価を発揮したメンタワイ諸島のハードブレイク「バンク・ヴォルツ」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フロリダ出身でビラボンライダーのネイト・ベル(18歳)。どうやら、数ヶ月に及ぶサーフィン修行をメンタワイで行っているようで、スウェルがヒットするとの情報を得て、ディーン・モリソンとコア・ロスマンのビッグウェイブサーファーも飛んできてのセッションとなった映像をお送りします。

セッションの場となったのは、メンタワイの中でもハードブレイクで知られるバンク・ヴォルツ。一見すると、イージーそうな波ですが、あのスープの量とサイズを考えると、ワイプアウトしたら一瞬でインサイドのリーフまで転がることになりそうで危険です・・・。

スタートで登場する短髪黒髪がディーン。元ワールドツアーサーファーだけに、ターンといったマニューバも鮮やかですね。一昔前には、ワールドチャンプとなったミック・ファニング&ジョエル・パーキンソンと共に、クーリーキッズ(オーストラリアのクーランガッタからワールドツアー入りを果たした3人のキッズ)と呼ばれるほど注目されていたので、納得です。

ちなみに、金髪のレギュラーフッターがネイト、唯一のグーフィーフッターがコアとなります。見事なライディングシーンばかりですが、間違いなくエグいワイプアウトもしていることでしょう。


スポンサーリンク