• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

オーストラリアVIC州出身のロボこと、アダム・ロバートソン(32歳)。ロボの名前がサーフィン界で知れ渡るきっかけとなったのは、ロボのホームで開催されるワールドツアーイベント「リップカール・プロ・ベルズ」。

2009年、ツアーイベント出場のチケットとなるワイルドカードを賭けて行われたトライアルで優勝したロボは、本戦に出場すると、あれよあれよと勝ち上がり、気付いてみればファイナルに出場。

ファイナルでは、惜しくもジョエル・パーキンソンに破れはしたものの、ワイルドカード出場のサーファーが、ファイナリストになるほどの活躍を見せることは滅多にないことなので、一躍時の人となりました。

今回の動画は、そんなロボによるVIC州でのフリーサーフ映像となります。パワーサーファーだけに、ロングウォールでのカーヴィングが素晴らしいです。2008年には、WQSランキング37位まで上り詰めているので、ワールドツアーサーファーと比べても、ほとんど見劣りすることがありません。

そんなロボは現在、今回の動画のようなメディア露出といったプロサーファー活動の他に、コーチも務めているようです。また、自身の名前が知れ渡ったベルズビーチを熟知している事から、同イベント開催時には、イベント運営陣に助言を送るアドバイザーを務めています。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • 2018年CT入りなるか!?グリフィン・コラピントのフリーサーフ動画@南カリフォルニア
  • 地元サンタクルズ近辺でフリーサーフ:ナット・ヤング
  • 真冬のカバリタビーチ周辺でフリーサーフ:チッパ・ウィルソン
  • オークリーのチームライダーによる2013/2014シーズンのハワイセッション
  • コスタリカでのフリーサーフ:アドリアーノ・デ・スーザ
  • ハーレープロ前にシップスターンでビッグセッション:ミック・ファニング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事