• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

インドネシアトリップ、またはリップカールのガールズライダーによるメキシコトリップか選択を迫られたベサニー・ハミルトン。一ヶ月ぶりのサーフィンのチャンスとなった今回、ベサニーが選んだのはインドネシアでした。今回は、そんなベサニーのインドネシアトリップの映像をお届けします。

サーフスポットは、バリ島屈指のレフトハンダーであるウルワツ、そして、1:40~はスンバワ島となります。スンバワは、おそらくレイキーピークだと思います。

ウルワツで驚かされたのは、ローカルのサーファーガールズとのセッション。着実に、サーフィンがカルチャーとして根付いている証拠ですね。また、インドネシアはイスラム教徒の人口が世界最大であり、イスラムでは女性の肌の露出は厳格に禁じられていますが、バリ島はヒンドゥー教が大半を占めるので、サーファーガールの存在も問題ないのですね。


スポンサーリンク


サーフトリップの関連記事
  • アレックス・グレイとジェイミー・オブライエンのおふざけビッグウェイブチャージ@メキシコ
  • インドネシアにもまだあるシークレットスポットを求めたボートトリップ
  • 2ヶ月に渡るインドネシアトリップで当てた波の数々:ソリ・ベイリー
  • ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート3
  • レジェンドとして色褪せぬマット・ホイ!フリーサーフィン動画@メンタワイ
  • ペルーでマニューバ重視のフリーサーフ:ヤゴ・ドラ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
ノースショアにおける日常のセッション
フリーサーフ
今回の動画は、オアフ島ノースショアのエリートサーフ一家であるホー家族がメインのセッションとなります。出演は、父マイケル、息子メイソン、娘ココ...