ドロップイン(前乗り)への対処法!?

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーファーであれば、誰もが経験のあるドロップイン。自分がドロップインされる事はもちろん、気付かずにドロップインしてしまい、パドルバックすると仲間に「今ドロップインしてたよ」と言われる事もありますよね。

決して褒められた行動とは言えませんが、悪意のないドロップインはまだマシ。最悪なのは、意図的にドロップインされた場合。特に、良さ気なセットに乗った時、上手いサーファーがしっかりと後方を確認しながらも、ドロップインしてくると楽しいはずの波乗りも台無しです。

今回の動画は、ドロップインされたサーファーが、しっかりとリベンジする映像となります。ニュージーランド人サーファーが仲間と楽しくサーフしていると、10名という大人数でラインナップへとやって来たブラジリアン。お互いに順番に波に乗るリズムであれば、取り立てて問題はありませんが、事態は異なりました。

なんとニュージーランド人サーファーは、一人のブラジリアンから3回連続でドロップインされることに。さすがに穏やかなサーファーであっても、イライラが募るシチュエーションですね。

そこで、再びドロップインされると、ブラジリアンがバレルを抜けてくるという最も感情が高ぶる瞬間に、ニュージーランド人サーファーは、ラグビー大国の名に恥じぬ見事なタックルで対応!果たして、この後どうなったのかが気になります・・・。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)