4:3シリーズbyノア・ディーン:パート1

シェア(記事を気に入ればお願いします)

若手フリーサーファーとして注目度が高いノア・ディーン。爆発力のあるライディングで見るものを虜にする一方、ケリー・スレーターをハゲ呼ばわりしたりと自由奔放なキャラで人気があります。今回の動画は、そんなノアのサーフ映像の中で、これまでに使用されなかったB級ライディングシーンを集めたものをお届けします。

ノアの映像とあり、単にB級ライディンシーンを集めたものではなく、一捻りあります。ノアが成長過程において、夢中になって見ていたサーフムービーがテイラー・スティール監督作品。1992年のMomentumに始まり、2005年のCampaign2までの作風は、コント仕立ての内容にして、ハイパフォーマンスサーフィン、そして、インディーズバンドによるスピードの早いパンクロック(当時の呼び名はメロコア)が特徴でした。また、現在との大きな違いは画面サイズ。当時はワイドスクリーン(16:9)ではなく、スクエアスクリーン(4:3)でした。

そこで、ノアはオマージュするかのよう、4:3の画面サイズにして、バックグランドにはパンクロックを流すスタイルを踏襲した作品として、今回の4:3シリーズをアップしました。あえて、古い感じにしながらも、中身はノアによるモダンサーフィンというのが面白いです。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)