グロメット時代のジャック・フリーストーン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

過去に2度もワールドジュニアチャンピオンに輝いたジャック・フリーストーン(22歳)。2回という記録は、オージーの中ではジョエル・パーキンソンとジャックだけという、偉大な記録です。

今シーズンのWQSでは、先日のプライムイベント「ミスター・プライス・プロ」で、5位という成績でポイントを稼ぎ、現WQSランキングを17位に上げ、ついにワールドツアー入りも視野に入ってきました。

プライベートでは、サーファーガールの憧れの的であるアラナ・ブランチャードがガールフレンドという事でも有名ですね。今回の動画は、そんなジャックの若かりし頃のフリーサーフ映像をお届けします。

映像が撮影されたのは、ジャックがグロメットであった14~15歳の頃。日本で言えば、中学生ですね。ただ、レベルがずば抜けています。最近のキッズは、エアリバースやアーリーウープは普通にメイクしているので、その点は驚きませんが、ジャックの場合、技のバリエーションが非常に豊かです。

0:43~からのフリーフォールからのバレル、1:09~からのフロントサイド&バックサイドによるスナップからのリバースと、驚きの連続。やはり、グロメットの時から、コンテストの戦術が上手いだけでなく、サーフィンのレベル自体が圧倒的だったのですね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)