現地時間7月31日(カリフォルニア)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィンのラウンド4が開催されました。

ラウンド4は三人ヒートだったラウンド3の敗者が戦うルーザーズラウンド(敗者復活戦)であり、ラウンド3を勝ち上がったサーファーは直接クオーターファイナル進出を決めているため登場しません。ちなみに、直接クオーターファイナル進出を果たしのは、マリア・マニュエル、カリッサ・ムーア、ステファニー・ギルモア、サリー・ギボンズ。

会場のハンティントンビーチは、公式サイトによる波のサイズは2~3フィートと、これまでと似たり寄ったりのコンディション。メンズであれば、飛んだり跳ねたりのアクロバティックなアクションで面白いのですが、ウイメンズだと少し見応えがないような気がします。

本日のハイエストスコアをマークしたのはタイラー・ライト。ヒートのスタート直後にフロントサイドでトップアクションを2回入れたライディングで9ポイント、ストレートエアー単発のみのライディングで8.67ポイントを叩き出しました。この2本のライディングの映像を本日の動画とします(ハイライト動画がないため・・・)。少しハイスコアすぎるような気がしますが、いかがでしょうか!?

USオープンの公式サイトは、下記リンク先となります。

公式サイト「Vans US Open of Surfing」


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事