現地時間8月2日(カリフォルニア)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィンのクオーターファイナルが開催されました。

会場のハンティントンビーチは、公式サイトによる波のサイズは2~3フィート。明日の日曜の波予報は、本日とあまり変わることのない予報となっていますが、最もギャラリーが集まるであろう日曜にファイナルを開催するため、本日はクオーターファイナルのみの開催となったようです。

本日は、カリッサ・ムーアが敗れるという波乱がありました。カリッサを破ったのは、タイラー・ライト。この結果により、カリッサは今シーズン最低結果となる2度目の5位に終わりました。ただ、最低結果がクオーターファイナル敗退というのも、いかに安定して勝っているのか分かりますね。

タイラー(現ランク4位)以外にセミファイナル入りを果たしたのは、現ランク2位のサリー・フィッツギボンズ、現ランク3位のステファニー・ギルモア、現ランク5位のマリア・マニュエル。つまり、ラスト4つの席を勝ち取ったのは、カリッサを除く現ランクトップ5の選手となりました。

今回、カリッサ敗退という番狂わせはありましたが、タイトルレースでカリッサを追うサリーとステファニーが、まだ勝ち残っているので、ポイント争いが面白い展開になってきたかと思います。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事