• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

現地時間8月3日(カリフォルニア)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィンが終了しました。会場のハンティントンビーチは、公式サイトによる波のサイズは2~4フィート。

セミファイナルからスタートした本日、現ランク2位のサリー・フィッツギボンズと3位のステファニー・ギルモアがいきなりの対戦。ステファニーは、本日のハイエストシングルスコアとなる9.93ポイントを叩き出し、ファイナル進出を決めました。

もう一方のセミファイナルは、カリッサ・ムーアを破って勢いに乗るタイラー・ライトが、勢いそのままにマリア・マニュエルを圧倒。タイラーの勢いは、セミファイナルでピークに達することもなく、ファイナルではステファニーを破って今シーズン初優勝を達成しました。

今回の結果を受け、カリッサのランキングに変動はなかったものの、二位のサリーとはほぼポイント差が無くなりました。一方、優勝を果たしたタイラーは、3位へとジャンプアップし、3位だったステファニーは4位へと転落しました。ちなみに、5位につけているのはマリアですが、ポイント差を見ると、タイトルレースに絡むには、すでに厳しそうな状況となり、現トップ4の争いになると思います。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 開催間近なISAイベント専用アプリが公開!出場CTサーファー情報もお届け
  • デーン・レイノルズが準優勝した2012年フランスイベントのデーン特集動画
  • ガブリエル・メディナの優勝!メンズCT第9戦「クイックプロフランス」最終日
  • ミック・ファニング アドリアーノ・デ・スーザ
    2015年度メンズWCTにおけるタイトルレースのシナリオ
  • ローカルのコロヘが敗退した2017年メンズCT第8戦「ハーレープロ」二日目
  • 2015年度WCTメンズ第一戦「クイックシルバー・プロ・ゴールドコースト」予告編

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事