現地時間8月3日(カリフォルニア)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第六戦バンズUSオープン・オブ・サーフィンが終了しました。会場のハンティントンビーチは、公式サイトによる波のサイズは2~4フィート。

セミファイナルからスタートした本日、現ランク2位のサリー・フィッツギボンズと3位のステファニー・ギルモアがいきなりの対戦。ステファニーは、本日のハイエストシングルスコアとなる9.93ポイントを叩き出し、ファイナル進出を決めました。

もう一方のセミファイナルは、カリッサ・ムーアを破って勢いに乗るタイラー・ライトが、勢いそのままにマリア・マニュエルを圧倒。タイラーの勢いは、セミファイナルでピークに達することもなく、ファイナルではステファニーを破って今シーズン初優勝を達成しました。

今回の結果を受け、カリッサのランキングに変動はなかったものの、二位のサリーとはほぼポイント差が無くなりました。一方、優勝を果たしたタイラーは、3位へとジャンプアップし、3位だったステファニーは4位へと転落しました。ちなみに、5位につけているのはマリアですが、ポイント差を見ると、タイトルレースに絡むには、すでに厳しそうな状況となり、現トップ4の争いになると思います。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事