8月15~26日をウェイティングピリオドとし、タヒチのチョープーで開催されるメンズワールドツアー第7戦「ビラボン・プロ・タヒチ」。2009年までは、タヒチのサーフシーズンスタートとなる5月に開催されていましたが、アーリーシーズンという事で波を外すこともあり、翌2010年からはメインシーズンとなる8月開催となりました。

どれだけ凄いバレルをメイクできるかが勝負となる同イベントでは、誰が見ても納得できる形でパーフェクト10が付けられます。そこで、今回の動画は、同イベントで過去に10ポイントが与えられたライディングシーンを集めた映像をお届けします。

数々のライディングの中から、個人的に印象的なのは0:17~と1:45~からのケリー・スレーターのバレル。テイクオフから凄まじい事になってます。ちなみに、このライディングは二本とも、2005年のものだと思います。この年、ケリーは同イベントを制し、ワールドツアーからセミリタイア復帰後に初となるワールドタイトルを獲得しています。

もう一つの見所は、バレルを抜けた後のサーファーによるクレーム(claim:素晴らしいライディングを決めた後、興奮したサーファーがジャッジやギャラリーにアピールするジェスチャー)。それぞれに感情表現が異なり、2:24~のアンディ・アイアンズのクレームは、ライフルを打つジェスチャーをしちゃっています。この辺も、ギャラリーとしては楽しみな所ですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事