• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

8月15~26日をウェイティングピリオドとし、タヒチのチョープーで開催されるメンズワールドツアー第7戦「ビラボン・プロ・タヒチ」。2009年までは、タヒチのサーフシーズンスタートとなる5月に開催されていましたが、アーリーシーズンという事で波を外すこともあり、翌2010年からはメインシーズンとなる8月開催となりました。

どれだけ凄いバレルをメイクできるかが勝負となる同イベントでは、誰が見ても納得できる形でパーフェクト10が付けられます。そこで、今回の動画は、同イベントで過去に10ポイントが与えられたライディングシーンを集めた映像をお届けします。

数々のライディングの中から、個人的に印象的なのは0:17~と1:45~からのケリー・スレーターのバレル。テイクオフから凄まじい事になってます。ちなみに、このライディングは二本とも、2005年のものだと思います。この年、ケリーは同イベントを制し、ワールドツアーからセミリタイア復帰後に初となるワールドタイトルを獲得しています。

もう一つの見所は、バレルを抜けた後のサーファーによるクレーム(claim:素晴らしいライディングを決めた後、興奮したサーファーがジャッジやギャラリーにアピールするジェスチャー)。それぞれに感情表現が異なり、2:24~のアンディ・アイアンズのクレームは、ライフルを打つジェスチャーをしちゃっています。この辺も、ギャラリーとしては楽しみな所ですね。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • クラウド9で開催された今年20周年のシャルガオ・インターナショナル・サーフィン・カップ
  • 五十嵐カノアが2016年QS6,000イベント@ブラジルで優勝!今季二勝目でWQSランクトップへ
  • 2015/2016年シーズンBWTイベント「トドス・サントス・チャレンジ」が1月17日開催決定
  • ジョーディがタイトルレースからアウト:メンズCT第11戦「パイプマスターズ」三日目
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第七戦ビラボン・プロ・タヒチ:二日目ハイライト
  • 2015年度リップカール・プロ・ベルズビーチ:最終日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
今作でシリーズ第三弾を迎える人気作品のWho is JOB。タイトル通り、オアフ島ノースショア出身でパイプラインの申し子とも言えるジェイミー...