ワールドツアーを離れた今なお、パワーサーファーの代表として君臨するテイラー・ノックス(43歳)。今回の動画は、前回のライトハンダーTop3に引き続き、世界中の波に乗ってきたテイラーが、バックサイドとなるレフトハンダーのトップ3をピックアップする映像となります。前回の記事は、下記リンク先を参照して見て下さい。

テイラー・ノックスが選ぶライトハンダーTop3

まず、テイラーが名前を上げたのは、エキスパートオンリーとなる根こそぎホレ上がるバレルのチョープー(タヒチ)。素晴らしい地形のリーフが形成するバレルは、フェイスの斜度が凄まじいので、恐ろしくもあるそうですが、それだけにメイクした時の気分は良いんでしょうね。

次なるスポットは、オアフ島ノースショアのパイプライン。サーフィンの聖地として歴史のあるスポットです。テイラーを持ってしても、それほど本数に乗れるわけではないと言いますが、例え数本しか乗れなくても、それだけの価値があるとのこと。また、ワールドツアー最終戦の会場という事で、数々のドラマが起きる点も魅力のようです。

ラストは、ライトハンダーの時と同様、地元カリフォルニアから選んだサンディエゴのブラックス。ワールドツアーサーファーとして、20年近く世界を飛び回る生活を送ってきたテイラーにとっても、ホームブレイクはスペシャルなんですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事