フィンレスボード「ラビッツ・フット」のライド映像:トレヴァー・ゴードン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

サーファーの好みに応じて、多種多様な選択が可能となるサーフボード。アライアのブームにより、フィンレスボードもまた、選択肢の一つとなっています。

フィンレスだと、波のフェイスに対しての引っかかりがないためにクルクルとボードが動き、それが逆に魅力となっているようです。

今回の動画は、フィンレスボードの中でも、特に変わったボードデザインとも言えるモデル「ラビッツ・フット(Rabbit’s Foot)」に乗るトレヴァー・ゴードンのライド映像をお届けします。トレヴァーの紹介記事については、下記リンク先を参照して見て下さい。

Deepest Reachesに乗るトレヴァー・ゴードン

シェイパーのライアン・ラブレースとダン・マロイにより、開発されたというラビッツ・フット。テール形状がアシンメトリー(左右非対称)であり、半円のように深く刻まれたコンケーブが異彩を放っています。

これまでのフィンレスボードよりも、かなり機能的になっているとの事ですが、正直言って難しそうな感じがします。

実際に試して見たい気もしますが、ライアンのサイトで値段をチェックしてみると、カスタムオーダーで995ドルとのこと。

フィンが付いてないだけで、ボードデザインは凝っているのでこれくらいしますよね。興味のある方は、下記リンク先からチェックして見て下さい。

ライアン・ラブレースの公式サイト「ショッピングページ」


スポンサーリンク



アライア人気を引き起こしたトム・ウェグナーによる扱いやすい現代版フィンレスがこちら

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)