進め!ケパ・アセロ:インドネシアin2014

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ケパアセロ ロンボク インドネシア チャップリン

久しぶりに登場のケパ・アセロ「Kepa Acero」(34歳)。これまで、アフリカや南極といったハードコアなサーフエリアを攻めてきたトラベルサーファーです。

そんなケパが、今回のサーフデスティネーションに選んだのは、サーファーにとって人気の高いインドネシア。まずは、下記リンク先から、ケパに関する紹介記事をチェックしてから読み進めて下さい。

究極のサーフトラベラー:ケパ・アセロ

インドネシアと言ってもケパの事なので、ありきたりなトリップではありません。今回は、バリ島からスタートし、バイクでアイランドホッピングしながらのトリップとなります。そこで、インドネシアでの第一弾動画がアップされたので、ご紹介します。

母国スペインからの出国シーンからスタート。そして、拠点のバリ島からは、ツイッター情報によるとロンボク島に向かったとの事で、サーフシーンはロンボク島でのことだと思います。移動中は自撮りなので、マドリッドでのシーンからも分かる通り、いったんカメラをセットし、撮影後に回収を繰り返すという、非常に時間の掛かる撮影となっています。

動画の中には、部分的に戦争のシーンを挿入しています。これは、人によって感じ方は異なると思います。私としては、喜劇王であったチャップリンがコメディで戦争の虚しさを伝えようとしたのに対し、ケパは世界各国が争うのではなく、世界中の誰もが笑顔で触れ合い、楽しい時間を過ごせるとのメッセージを伝えたいのかと思っています。

どんな旅であっても、パッケージツアーでなければ、楽しみと同時に苦労もあります。旅が終われば、楽しかった思い出だけが残り、美しく伝えることもできますが、ケパは旅の道中で動画を作成しています。

にもかかわらず、ケパはネガティブな面を見せず、旅がいかに素晴らしいのかを全面に出しているので、そのポジティブな思いに魅了されてしまいます。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)