• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

現地時間9月9日(カリフォルニア)、2014年度ASPウイメンズワールドツアー第七戦スウォッチ・ウイメンズ・プロが、ウェイティングピリオド初日にしてラウンド1~ラウンド3まで開催されました。会場のトレッスルズは、公式サイトによる波のサイズはフェイスで3~5フィートと、最大セットで頭くらいでした。

トレッスルズでのウイメンズツアーイベントは初開催のことで、もう少しサイズがあれば良かったのですが、波予報もあまり期待できないため、一気にヒートをこなしていった感じです。ちなみに、メンズも同時進行であり、来週中頃にサイズアップする予報ですが、こちらの日程はメンズの開催となるでしょう。やはり、男女同時開催の時は、波が良い時はメンズ優先となり、ウイメンズはかなり気の毒です。

本日注目されたのは、ベルズビーチでのコンテスト期間に怪我をし、ツアーから離れていたものの、ようやく復帰したコートニー・コンローグ。地元での復帰戦であり、本人も気合が入っていたはずですが、残念ながらラウンド2で早くも敗退に終わりました。

本日のハイエストスコアを出したのはステファニー・ギルモア。今日は開催されないと思っていたステファニーは、ASPから開催するとのメールで起床し、慌てて会場入りしたと言います。そのためか、ラウンド1は珍しく最下位で敗退。しかし、その後はいつものサーフィンでしっかりと勝ち上がりました。ステファニーのライド特集映像も、本日のハイライトと併せて貼り付けておきます。

すでにクオーターファイナル進出を果たしたのは、ステファニー・ギルモア、ココ・ホー、サリー・フィッツギボンズ、タイラー・ライト。現ランキングトップのカリッサ・ムーアは、三人ヒートのラウンド3で僅差でココに敗れ、敗者復活となるラウンド4行きとなりました。非常に珍しい結果ですね。


スポンサーリンク


コンテストの関連記事
  • 波が無くなったフィジーウイメンズ:決勝開催予想日とファイナリストのハイライト動画
  • シルヴァナ・リマ
    2015年WCTの名シーン1:エアリバースをメイクしたシルヴァナ・リマ
  • ついにゴーサインが下されたBWWTイベント~速報~
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー最終戦ビラボン・パイプマスターズ:三日目ハイライト
  • カリッサ・ムーア コートニー・コンローグ
    2015年度ウイメンズWCTにおけるタイトルレースのシナリオ
  • ビラボン・プロ・タヒチのアンディ・アイアンズ特別賞とは!?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事