すでにワールドツアーという第一線から退いて久しいコリー・ロペス(37歳)。しかし、今でも十分にワールドツアーで戦えるだけの実力があると感じるサーファーも多いはず。

そこで、今回の動画は、現在のコリーのサーフスキルを示すかのようなフリーサーフ映像となります。コリーの過去記事については、下記リンク先から参照して見て下さい。

スタイリッシュにカリフォルニアの波を切り刻むコリー・ロペス

コリーの魅力ともいえるのは、ボトムから一気にトップスピードへと持っていくドライブターン。このドライブターンから生み出すスピードにより、トップアクションで派手なスプレーを飛ばしたり、高さのあるエアーを繰り出しています。スピードは、サーフィンにおいてベースですね。

映像の作り自体は、90年代におけるテイラー・スティール監督作品のよう、ハイパフォーマンスサーフィンを煽るかのようにスピーディーなパンクロックサウンドを絡めています。そして、最も驚異的な点は、コリーのサーフィンが、昔よりも進化しているところ。かなり、レアなサーファーですよね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事