• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

タヒチのチョープーで開催されるワールドツアーイベント「ビラボン・プロ・タヒチ」。レフトのヘビーバレルがブレイクするチョープーでは、一般的なコンテストとは異なり、ある種、お祭りのような盛り上がりを見せます。

チャンネル(海底が深くなり波がブレイクしないエリア)には、出場サーファーや関係者を乗せたボートが多数停泊し、サーファーが凄まじいバレルを抜けてくると、サーファーと喜びを分かち合うかのように惜しみない歓声が飛び交うことに。

そこで今回の動画は、サーファー目線からどのような光景が広がっているのか撮影された映像をお届けします。この映像を撮影したのは、11×ワールドチャンプのケリー・スレーター。何と、ヒート中にGoProを口にくわえたまま、あのマックスサイズとなったチョープーで撮影したのです。

恐怖心に襲われながらチャージするツアーサーファーもいる中、撮影をする余裕があるなんて、やはりケリーは別格ですね。そのおかげで、チョープーでのコンテストに出場するサーファー以外は見ることのできない映像を提供してくれました。特に、バレルを抜けた後の、チャンネルに停泊するボートまでの距離感など、非常に興味深いですね。


スポンサーリンク


  • ボディボードで世界中の波を楽しみながら学ぶスマホアプリ「The Journey」
  • 羊がサーフィン!?
  • 南カリフォルニアが誇るエグ波スポット「ザ・ウェッジ」の昨シーズンからの映像コンピ
  • ジェイミー・オブライエンによるボードトランスファーの舞台裏
  • 世界的に大流行の「スモウチューブ」!?定番波乗りグッズになるかも
  • キックアウトでダブルフロントフリップをメイク!?したサーファー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事