現地時間9月27日(フランス)、2014年度ASPメンズワールドツアー第九戦クイックシルバー・プロ・フランスのラウンド2のヒート9まで開催されました。公式サイトによる波のサイズは、フェイスで4~6フィート。

本日のオープニングヒートは、ケリー・スレーターvsデーン・レイノルズという夢の対戦カードからスタート。ケリーの勝利がおおかたの予想だったとは思いますが、パーフェクト10を出せるスキルを持つデーンは怖い存在。

ケリーにとっては最悪なワイルドカードだったと思います。通常のワイルドカードは、格下の相手となるので、ほぼ問題なく勝ち上がるのが普通。しかし、今回は負ければタイトルレースから外れる事になるし、対戦相手はデーンと世界トップクラスのフリーサーファーなので。

結果としては、ケリーが8点台を二本揃えて勝ち上がりました。デーンは今年、ツアー初戦にもワイルドカード出場していますが、あまりデーンらしいサーフィンを見せていません。ただ、コンテストは好きではないと言いながらも、二戦も出場している点を考えると、本心はどうなのかなと思います。

ラウンド2では、先日のハーレー・プロでファイナリストとなったジョンジョン・フローレンスも登場し、勝利を収めてラウンドアップを果たしました。最近のジョンジョンは、ライン取りが他のサーファーと変わってきて、新たなレベルのサーフィンをしているような感じがします。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事