ウイメンズのワールドツアーイベントでは初開催となったトレッスルズでのスウォッチ・ウイメンズ・プロ・トレッスルズ。同イベントのウェイティングピリオドは、9月9~20日まででした。

そして、次なるコンテストは、舞台をヨーロッパのフランスへと移したロキシー・プロ・フランス。こちらのウェイティングピリオドは9月23~29日。つまり、トレッスルズでのイベントが、ウェイティングピリオド終わりまで引っ張っていたら、かなりタイトなスケジュールですね。

そんなスケジュールでありながら、トレッスルズでのイベント直後に行われたのが、リップカールのウイメンズライダーによるメキシコトリップ。今回の動画は、そのトリップでの1セッションの映像となります。

参加したサーファーは、タイラー・ライト、ニッキ・ヴァン・ダイク、ポーリン・アドの3名。ハードなスケジュールの中で敢行されたトリップでしたが、その見返りとしてパーフェクトバレルを当てています。セットの波以外は、コンパクトなバレルで最高のコンディションですね。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事