• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

サーフィンにおいて、必須のサーフグッズであるサーフボード。サーフボードによって、調子の善し悪しが分かれるので、いかに信頼の置けるシェイパーに削ってもらうかが鍵となります。ワールドツアーサーファーのサーフボードに目を向けてみると、メジャーどころではゴールドコーストのDHDやJS、カリフォルニアのLost(ロスト)やChannel Islands(チャネルアイランズ)と様々。

そこで、各ブランドのチームライダーに目を向けてみると、興味深いことに、トップライダーであればボードブランドも選び放題と思いきや、かなりローカル色が出ています。そこで今回の動画は、サンタバーバラから生まれたチャネルアイランズのチームライダーがフリーサーフする映像をお届けします。

登場するサーファーは、デーン・レイノルズ、ティミー・カラン、ボビー・マルティネス、ヤディン・ニコル、パーカー・コフィン、コナー・コフィン。いずれもサンタバーバラ辺りの出身者や現在住者ばかりです。

もちろん、言わずと知れたケリー・スレーター(フロリダ出身)もチームライダーではありますが、やはりブランドが生まれたエリアに縁のあるサーファーが多いのも事実ですね。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • 2017年フィジーイベントのメンズ開幕前日!CTサーファーによるフリーサーフ動画
  • グリーンマウントのスーパーバレル!ケリーとゴールドコーストローカルによるセッション動画
  • ライアン・カリナンのBSスピンが光るオーストラリアでのホームセッション動画
  • ライリー・レインのあり得ないスーパーディープバレル@スンバワ島(インドネシア)
  • 2016年マーギーズプロ@オーストラリア期間中のトッププロのフリーサーフ動画
  • フリーサーファーの先駆者であるラスタ&オジーのサーフ動画@バイロンベイ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
サーファーガール仕様への車大改造計画
エンターテイメント
車の使用目的は千差万別。ただ、サーファーならば自分のスタイルを出し、少しでも快適空間にしたいと思うのではないでしょうか。週末にちょっと遠出に...