今年もいよいよ迫ってきたハワイのウインターシーズン。ハワイと言えばサーフィンの聖地であり、特にオアフ島ノースショアのパイプラインこそプロサーファーにとっての晴れ舞台。無名のサーファーであっても、パイプラインで圧倒的なパフォーマンスの写真を残せば、一夜にしてスターダムへの階段を駆け登れるとも言われています。

そんなパイプラインだからこそ、コンテストサーファーだろうがフリーサーファーだろうがウェルカム。コンテストサーファーにとっては、ワールドツアー最終戦のパイプライン・マスターズや年明けのボルコム・プロが実力を見せる舞台。

サーファーであれば誰もが対象となるイベントは、誰もが唸ってしまうような一本の波に乗った際の映像で競うオークリーの「Wave of the Winter」、インナーバレルからの圧倒的な一本の自撮り映像で競う「The GoPro of the Winter」、ウインターシーズンを通して素晴らしいパフォーマンスを見せたサーファーに送られる「Clif Bar Overall Performance Award」があります。

昨シーズンはパイプライン・マスターズとボルコム・プロを制したケリー・スレーターが、「Wave of the Winter」と「Clif Bar Overall Performance Award」の二冠を達成。かろうじて「The GoPro of the Winter」は、ローカルのジェイミー・オブライエンが獲得しています。

今回の動画は、「Wave of the Winter」を通して11月から順を追って昨シーズンのパイプライン&バックドアでのサーフィンを紹介するドキュメンタリー映像となります。ちなみに、「Wave of the Winter」は11月から月ごとの受賞者を選出し、2月の受賞者が決定すると、それまでの受賞者の中からのベスト映像を決めます。あまり知られていないサーファーであっても、一発凄まじいバレルをメイクすれば登場できるチャンスがあるのは面白いです。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事