2014年度リップカール・プロ・ポルトガルのオフ日に行われたセッション@2014

シェア(記事を気に入ればお願いします)

先日、ミック・ファニングの優勝で終了したばかりのリップカール・プロ・ポルトガル。メイン会場となるスーパーチューボスは、なかなかコンディションが整わず、オフ日が続いていました。ただ、先日の記事でもお伝えしましたが、周辺のサーフスポットはグッドウェイブが割れていたとのこと。

リップカール・プロ・ポルトガル開催前日のウォームアップセッション

今回もまた、メイン会場の近場では良い波が割れてたよ~と証明するかのような動画となります。登場するサーファーは、ケリー・スレーター、コロヘ・アンディーノ、フレッド・パタッチア、エイドリアン・バッカン、ニック・ヴォン・ラップなど。

こうして見ると、ポルトガルもサーフトリップ先としては十分にアリだなといった印象を受けます。ヨーロッパなので、インドネシアなどと比べると物価は厳しくもありますが。

ただ、波のクオリティは高いです。しかも、スーパーチューボスといった有名スポットのコンディションが悪くても、他に使えるスポットがあるのは、トリップ先としては安心ですし。


スポンサーリンク