• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日

10月19日、マウイ島(ハワイ)のマアラエアから沖合100メートルほどに位置するサーフスポット「フレイト・トレインズ」にて、プロサーファーのカレオ・ロバーソンは、息子3人と一緒にサーフィンを楽しんでいました。その日は、ハワイ付近を通過したハリケーンの影響による大雨で、海水が茶色く濁っていたとのこと。

そんな中、右手で息子のサーフボードを後ろからプッシュするためにテールを掴んでいると、チャンネルの方で不自然な水しぶきが目についたと言います。すると次の瞬間、サメが大きく口を開いて接近してきたとのこと。考える間もなくカレオは、左手で大きく開かれたサメの口に、自分のサーフボードを突き刺しました。

よくあるシャークアタック後の写真では、サメの口の形にエグられたサーフボードの写真を目にすることが多いです。つまり、サメに立ち向かう武器として、サーフボードは非力だと思われていました。しかし、カレオのボードは、新品だった上に、従来のウレタン樹脂よりも強度の強いエポキシ樹脂でコーティングされたボードであったため、サメであっても噛み切ることができなかったのです。

そのため、息子たちや周りにいたサーファーに海から上がるように指示しながら、さらにサーフボードでサメと格闘を続けたそうです。この時点で、子供たちをシャークアタックから救ったヒーローですよね。しかし、カレオのヒーロー伝説は続きます。

サメとの格闘も一段落し、カレオも海から上がろうとする時、近くで一部始終を目撃していたウォーターフォトグラファーのジョンが海には残っていたと言います。ウォーターフォトグラファーという事は、おそらくフィン(足ヒレ)しか付けていなかったと思います。つまり、サーフボードがないので、簡単には岸まで戻れない状況。そのため、カレオは、ジョンの側へと向かい、ジョンを背中に乗せ、一緒に岸まで戻ったと言います。

非常に勇敢であり、冷静でもありますね。ちなみに、カレオのボードに残された歯型から、サメの大きさは4.2メートルほどのイタチザメ(タイガーシャーク)であったと推測されています。

<注>デバイスによっては動画が見れない場合もあるので、その際は、下記リンク先から参照して見て下さい。

動画元へのリンク先

Hawaii News Now - KGMB and KHNL

ニュースの関連記事
  • クレイ・マルゾが横領の被害に!家や預金を失い被害額は40万ドル以上
  • サム・モーガン
    豪NSW州バリナで再びのシャークアタック&早急の採用が期待される防止策
  • 海洋環境保全の国際機関「Oceana」に参加するマヤ・ガベイラ
  • 僻地トリップの恐怖!インドネシアで頭部をリーフヒットしたジェレミー・フローレス
  • ビラボンと契約した11歳のオッキー!?
  • 2018年5月にケリーのウェイブプールで公なサーフイベント開催の方向へ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事