• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

ワールドツアーでの伸び伸びしたサーフィンを見ていると、本当に好きなことを仕事にしていると感じられるジョンジョン・フローレンス(22歳)。そこで、オーストラリアのStab誌が、ドリームワールド(夢の世界)に生きるジョンジョンの世界観を形にしてみたというのが、今回の動画となります。

同誌によると、数百万ドルは軽く稼いでいるというジョンジョン。サーフィンの世界において、スポンサーとの年間契約(コンテストでの獲得賞金を除く)で初めてミリオンダラー(海外通貨で100万なので、例えば1ドル=100円としたら、日本円で1億円)を稼いだサーファーがトム・キャロルというのは、非常に有名な話。トムはオーストラリア人で、1989年の事でした。当時の豪ドルの為替レートは年平均で109円ほどとの事なので、やはり1億円超ですね。

当時よりも海外ではサーフィンがメジャーになってきているのは、コンテストのスポンサーを見れば一目瞭然ですね。特にWQSイベントのスポンサーを見ると、日本の自動車メーカーがスポンサーとなっていたり(現地法人だとは思いますが)、サーフィンというスポーツがサーフ業界以外からも注目されている証拠です。なので、ジョンジョンが数億稼いでいても不思議ではないですね。

さて、今回の撮影に当たって、300もの同じカラーのパラソルをオーストラリア中から集めたと言います。Stab誌にとって、映像の光景こそが、夢の世界という事だったのでしょう。撮影場所は、オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州のどこかという事です。

ただ、波は残念なコンディションです・・・。自然が相手なサーフィンだけに、これだけはしょうがないですね。しかも、ジョンジョンは最も注目されているサーファーということで忙しく、波待ちするほどの日程は取れなかったのでしょう。ただ、小波であってもジョンジョンのサーフィンは冴えています。ぜひとも、湘南などの小波で、どれくらいのサーフィンができるのか見てみたいです。


スポンサーリンク


 

  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン1:エピソード4
  • 病気の子供に夢を与える団体によるサーフィンサプライズ@オーストラリア
  • フィリペ・トレドが生後10カ月の娘とタンデムサーフィン@南カリフォルニア
  • ケリー・スレーターが語るタバルア島(フィジー)、ヒート、ワールドツアー後半戦の目標
  • Who is JOB 4.0:エピソード2
  • ドローンボーディング
    ドローンに牽引してもらって横乗りを楽しむドローンボーディング

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事