• グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

マジシャンサーファーことカリフォルニア州サンタクルズ出身のゾルタン・トルコス。サーフィンでのキックフリップ成功を目指し、並々ならぬ情熱を抱き、誰が最初にキックフリップを成功させて映像に残すのかを競ったボルコムのイベントに参加していたサーファーです。その内容に関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

マジシャンサーファーの飽くなき探求心:ゾルタン・トルコス

過去のゾルタンのキックフリップは、あくまでも波のフェイスで飛び上がってのアクションだったのですが、ついに波のリップから飛び出すキックフリップをメイクしました。その動画が、今回の映像となります。

スケートボードでのキックフリップと言えば、スピードに乗って走っている時に軽い繋ぎ技とやるアクションですが、ゾルタンのキックフリップは少し地味というか、まったく疾走感もないかと思います。もちろん、難易度はかなり高いのですが・・・。

ただ、メイク後の1:00~からの喜びっぷりを見ていると、単純に楽しければ良いんだと感じずにはいられません。今後も、スケートボードのトリックをサーフィンに取り入れ、サーフィンを進化させていきたいと言うゾルタン。なんだか、おかしな方向性に向かっているような気もしますが。独自の道を突き進んで頑張れ~!


スポンサーリンク


テクニックの関連記事
  • ジョシュ・カーが解説するアーリーウープのメイク方法
  • ロデオフリップ@パイプライン:ジョンジョン・フローレンス
  • ジョンジョン・フローレンスがコナウィンドが吹くバックドアで特大アーリーウープ
  • マット・ウィルキンソン ブローテール バックサイド
    ウィルコが解説するバックサイドのブローテールのメイク方法
  • 波に乗り遅れないよう爆発力のあるパドルパワーを生み出すテクニック
  • マジシャンサーファーによるオフザリップ・キックフリップのメイク映像

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
黒鳥(英語名はブラックスワン)が波に乗るという、何ともほのぼのとした映像です。場所はゴールドコースト(オーストラリア)にある有名サーフスポッ...
エンターテイメント
今作でシリーズ第三弾を迎える人気作品のWho is JOB。タイトル通り、オアフ島ノースショア出身でパイプラインの申し子とも言えるジェイミー...