木製サーフボード作りに没頭するサーファー/シェイパー:ダニー・ヘス

シェア(記事を気に入ればお願いします)

8歳の時にベンチュラでサーフィンを始め、16歳からシェイピングに目覚めたダニー・ヘス(39歳)。現在はサンフランシスコで暮らし、ビッグスウェルが入るとマーヴェリックスでサーフするほどのサーファー/シェイパーです。

ここまでの内容だと、王道を進んできたシェイパーのストーリーに聞こえますが、ヘスの存在が他と異なる理由が一つあります。それは、ヘスは木が大好きで、木材からサーフボードをシェイプしている点。

今回の動画は、そんなヘスを追ったドキュメンタリー映像となります。ヘスがシェイプするボードは、フィッシュといったオルタナティブ系から、マーヴェリックスでも通用するガンなど、非常に幅広いです。

また、ボディサーフィン用のハンドプレーンもシェイプし、波のサイズがあってもオンショアが強くてグチャグチャなコンディションの時は、自身のハンドプレーンを使ってボディサーフィンを楽しんでいるとのこと。

ヘスとしては、今後もハンドシェイプにこだわり、大量生産というビジネス上の成功を望んでいるわけではないそうです。まさに職人といった感じですね。そんなヘスなので、やはりスポンサーになっているのがヴィスラ(Vissla)。ほんとにヴィスラがピックアップするサーファーは、興味深いですし、サーフィンの世界を大きく変えそうです。ヴィスラに関する過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

カリフォルニアで誕生したばかりのサーフアパレルブランド「ヴィスラ」

自分で作り上げたセルフシェイプボードで参加するサーフコンテスト

ヘスの削りだす木製ボードは、温もりと味があり非常に美しいアートなので、興味がある方は下記にリンクを貼り付けたヘスのサイトもチェックして見て下さい。

ヘス・サーフボードの公式サイト


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)