LastNameFirstによるパイプライン/バックドアの昨シーズンセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

冬になると、ビッグスウェルの押し寄せるシーズンを迎えるハワイ。冬にビッグスウェルが到来する理由は、日本に寒波をもたらす勢力の強い冬型低気圧にあります。

通常、低気圧は海上を移動している間は勢力を強め、陸地にヒットすると一気に勢力が弱まります。日本の北海道沖合を抜けた冬型低気圧は、アメリカ大陸へと向け、まったく陸地のない太平洋を勢力を強めながら移動するので、ハワイに接近する時には、その規模は相当なものとなりビッグスウェルを発生させるのです。

ハワイへビッグスウェルを発生させた後は、さらに東へと進み、カリフォルニアのマーヴェリックスといったビッグウェイブスポットにもスウェルを届けるので、ハワイでビッグウェイブサーフィンした後、低気圧を追いかけてカリフォルニアへ飛ぶサーファーもいますね。

そのハワイも、シーズン入り直前となりました。コンテスト予定を見ると、トリプルクラウンの前哨戦といえるWQS4スターイベント「HICプロ」のウェイティングピリオドが、10月27日~11月10日となっているので、シーズン入りしたと言ってもいいのかもしれません。まだ、パイプラインのリーフには砂が残っていて、地形は決まっていないとは思いますが。

今回の動画は、昨シーズンのノースショアの中で、パイプラインとバックドアに絞った映像となります。やはり、ノースショアの中でも、上記2スポットは格別な舞台といった感じですね。動画を製作したのは、アレックス&コアのスミス兄弟によるブログサイト「LastNameFirst」によるものです。

パイプラインの顔と言えば、ジェイミー・オブライエンにジョンジョン・フローレンス。この動画でトリを飾っているのがジョンジョンであり、最近の流れを見ていると、ジェイミーからジョンジョンに世代交代した感じがしますね。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)