• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

実に8年もワールドツアー生活を送り、若くしてツアー経験豊富なジェレミー・フローレス(26歳)。しかし、今シーズンはかなりの苦境に立たされています。

ワールドツアー最終戦を前にした現在、ジェレミーのツアーランクは33位。来シーズンのツアー残留資格が得られるのはトップ22までなので、ほぼ絶望的です。

今シーズンは、過去最低の成績続きとなった前半戦。ヒートでは、僅差で敗れることが多く、溜まった不満を吐き出すかのようにジャッジへ暴言を浴びせた結果、最も得意なチョープーでのコンテストへの出場停止が命じられたりと、空回りになることが多いシーズンでした。

ジェレミーにとって、来シーズンもワールドツアーに参戦するために残されたチャンスは、WQSでトップ10に入るのみ。現WQSランクは16位であり、最も獲得ポイントの高いプライムイベントの残り3戦中2戦はハワイという得意な舞台なので、ワールドツアーに残れる可能性は十分にあると思います。WQSに参戦するサーファーがワールドツアー入りするための条件などに触れた過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

2014年度ASPのWQSメンズランキングレースの状況(10/24時点)

今回の動画は、そのジェレミーが、現在の拠点であるフランスやポルトガルでフリーサーフする映像となります。ビーチブレイクでの小波から、ビッグなヘビーウェイブでのサーフィンと、見応えがあります。

特に、3:50~からのフランスのビッグウェイブは、まるでハワイのパイプラインやバックドアのような波で、かなり強烈です。

ジェレミーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ジェレミー・フローレスの過去記事


スポンサーリンク


 

フリーサーフの関連記事
  • パイプラインでも一目置かれるジャック・ロビンソンがヘビーバレルに強いルーツ
  • スモール~ビッグサイズまで攻めるミゲル・トゥデラの2016年ハワイ特集動画
  • ニアス(インドネシア)での2015年6月終わりのインド洋メガスウェルセッション
  • ジェイ・デイヴィスによるオンショア交じりのサマーセッション@オーストラリア東海岸
  • ビラボンのトップライダーほぼ勢揃いのボードショーツキャンペーン動画@ノースストラディ
  • ジェイク・ケリー
    今後大注目のサーファー!見るものをエキサイトさせるジェイク・ケリー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事