ホーム・マーガレットリバーで過ごす現在のジャック・ロビンソン

シェア(記事を気に入ればお願いします)

16歳にしてチョープーのビッグバレルにチャージしたりと、年齢にそぐわぬスキルで注目を集めるオーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州出身のジャック・ロビンソン。

クイックシルバーからビラボンに移籍したりと、スポンサー状況を見るだけでもエリート街道を進んでいることが分かりますね。ジャックの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ビラボンのタヒチキャンプ:ジャック・ロビンソン

2014年度ビラボン・プロ・タヒチで最も注目を集めるジャック・ロビンソン

若くして、世界トッププロと一緒にヘビーウォーターにチャージする姿は、以前のローリー・タウナーを彷彿させます。今回の動画は、そんなジャックがホームでフリーサーフする映像となります。


スポンサーリンク


できるだけ、ホームブレイクでサーフしたいと話すジャックですが、これほどまでに注目を集めるサーファーだけに、トリップの多い生活を送っているのでしょう。トリップに出れば、大きな刺激を受けることもあるでしょうが、ジャックはホームにも恵まれています。

ジャックの先輩には、タジ・バロウやヤディン・ニコルといった存在がいるのですから。この辺が恵まれていると言えますね。リラックスできるホームにいても、世界トップクラスのサーファーと一緒にセッションできるので。

そろそろハワイのシーズンも始まるので、パイプラインやバックドアでのジャックの映像などが、これからはネット上にアップされてくると思います。非常に楽しみですね。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)