アイルランドのビッグウェイブスポット「マラモア」へ:ミシェル・ボウレズ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今シーズンは飛躍の年となっているタヒチ出身のミシェル・ボウレズ。ワールドツアー前半戦のマーガレット・リバー(オーストラリア)とリオデジャネイロ(ブラジル)で優勝を果たし、ツアー最終戦を控えた現在、ツアーランキング5位となっています。では、なぜ大きく成長する事となったのか!?

本人によると、理由はトレーニング方法にあるそうです。ここ最近、ミシェルが取り組んでいるトレーニングは、主に柔術とのこと。柔術により、忍耐力が養われ、ヒート中の焦りからくるイライラといったストレスを軽減できるようになったそう。

ワールドツアーサーファーは、基本的にサーフィンのレベルはワールドクラスなので、気持ちの持ちようといった精神面を強くすることで、別人のように活躍できるようになるケースが多々ありますね。

今回の動画は、そんなミシェルがアイルランドへとビッグウェイブハントしに行った際の映像となります。狙いのサーフスポットは、昨シーズンも注目を集めたビッグウェイブスポットのマラモア

フランスでのコンテスト結果により、タイトルレースに残る可能性を失ったミシェルは、ビッグウェイブハントに出る踏ん切りがついたそうです。ホームブレイクではボードショーツのみでサーフできる環境のミシェルが、ヘッドキャップまで被るフル装備でサーフする映像は、かなりレアですね。


スポンサーリンク


DVDでマスター はじめてのブラジリアン柔術
早川 光由
愛隆堂
売り上げランキング: 8,146

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)