• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日

ハワイがシーズンを迎えた今回、ショアブレイク撮影で注目を集めるようになったフォトグラファーのクラーク・リトルをフィーチャーした動画をお届けします。クラークの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ショアブレイク好きが昂じてショアブレイク撮影で名を馳せたクラーク・リトル

ドバイからハワイへと帰ってきたばかりのクラーク。誰も海に入っていないショアブレイクにストークしています。そりゃ、危険過ぎるショアブレイクのため、誰も入りませんよね。ジェイミー・オブライエンは入っちゃいますが・・・。

撮影場所は水深30センチほどしかないので、ポジションには注意しながらスイートスポットを狙うとのこと。ビーチにも「Dangerous Shorebreak」との看板がありますし、砂を巻き上げるほどパワフルな波がブレイクしているので、誰にでも真似できる撮影手法ではなさそうです。

撮影場所はケイキ・ビーチ。クラークによると、世界で最もヘビーなショアブレイクだそうです。ノースショアを訪れる人がケイキ・ビーチに足を運ぶ理由は、その点にあるそう。そのため、動画スタート時には、ビーチを散歩している人に、あまり海に近づかないように声を掛けていましたね。

撮影後は、さっそく写真のチェック。この写真はハート型に見えるとか、波に巻き上げられた砂が人間の顔のように見えるなど、楽しんでいますね。相手が自然であるため、思いもかけない一枚が撮れることに喜びを感じているように思います。

撮影した写真は、インスタグラムにもアップしているクラーク。ちなみに、フォロワー数はおよそ130万人ほどと、アラナ・ブランチャードを抜きサーフィン界でトップだそう。アートであるため、サーファー以外の人も関心を寄せることが最大の理由でしょうね。


スポンサーリンク


 

ライフスタイルの関連記事
  • デールウェブスター ギネス
    ギネス記録にも認定!40年以上毎日サーフし続けた男:デール・ウェブスター
  • 有名写真家が語るサーフィン撮影と人生哲学:ブライアン・ビールマン
  • ラスタのパートナー!女性フリーサーファー/ローレン・ヒルのライフスタイル動画
  • 厳しいプロサーファーの世界!クイックプロで脚光を浴びたスチュアート・ケネディの道のり
  • 金融の世界を捨ててビッグウェイブシーンに鮮烈デビューしたニック・ヴォーン
  • 元プロサーファーがプロアングラーに!楽しむ事がモットーのトッド・クラインのライフスタイル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事