• ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

北カリフォルニアのサンタクルズ出身のオースティン・スミス・フォード(26歳)。サーフメディアの集まる南カリフォルニアに対し、北カリフォルニアと言えば、アンダーグランド色の強いハードコアなエリアというイメージが強いかと思います。

そんなエリア出身のオースティンは、2005年2月にサーフィン・マガジン誌、2006年1月にトランスワールド・サーフィン誌のカバーショットを飾り、一躍スターダムに。メインスポンサーにはリップカールが付き、華やかなサーフキャリアを築きましたが、今では一年近くメインスポンサーがいない状態が続いています。

そこで今回の動画は、オースティンが10月中旬にセントラルカリフォルニアでフリーサーフした際の映像をお届けします。動画のタイトルは「Almost One Year」と名付けられていて、上記に記した通り、一年近くメインスポンサーがいない事を意味しているそうです。

北カリフォルニア出身ということで、サーフスタイルはラットボーイやダリル”フリー”ヴィロスコに似た印象を受けます。やはり、出身地というのは大きく影響するものですね。身近に存在する憧れのサーファーを目指すことで、自然と似てくるのでしょう。

予測不能なライディングで、思わず見るものを釘付けにしてしまうオースティン。特に、1:22~からのライディングにおいて、バレルを抜けるか抜けないかのタイミングで、チョップホップで波のトップへと飛んで行くシーンは、思わず呆気にとられてしまうはず。


スポンサーリンク


 

地球の歩き方 B02 アメリカ西海岸 2015-2016 【分冊】 3 サンフランシスコ
ダイヤモンド社 (2014-12-22)
売り上げランキング: 25,212
フリーサーフの関連記事
  • ロックジャンプやスモールウェッジ!ディラン、ネイト、ノアのフリーサーフ
  • ケリー・スレーターの昨日のフリーサーフ動画と2016年ポルトガルイベント最新波予報
  • マウイ島ジョーズを代表するアルビー・レイヤーのチャージ特集
  • リップカール・プロ・ポルトガル最終日に行われていたスラブセッションPart2
  • ビッグスウェルが入るバハやハワイへとフィルマーによる撮影トリップ
  • マーク・ラコマレが怪我復帰後のホームセッション@ホセゴー(フランス)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事