現地時間12月2日(ハワイ)、WQSプライムイベントのトリプルクラウン第二戦「バンズ・ワールド・カップ」がサンセットで開催され、ラウンド2が終了しました。公式サイトによる波のサイズは、ダブル~トリプルオーバーヘッド。

2014年度トリプルクラウン第二戦バンズ・ワールド・カップ:初日ハイライト

ウェイティングピリオドの長いイベントであるため、久しぶりの再開となりましたね。本日のビッグニュースは、コンテストよりもなによりも、ジョエル”パーコ”パーキンソンの怪我。パイプラインでフリーサーフィン中、リーフで背中を怪我したそうです。そのため、バンズ・ワールド・カップの欠場を発表しましたが、パイプマスターズには出場予定とのこと。

本日のコンテストに話を戻し、来シーズンのワールドツアー入りを賭けたWQSランキングレースにおいて、ボーダーライン付近に位置するジャック・フリーストーンとジェシー・メンデスが痛恨の敗退。一方、両者よりも下位にいるチャールズ・マーティンやリカルド・クリスティは本日も勝ち上がったので、ランキングレースは熾烈を極めてきました。

リーフ・ハワイアン・プロで優勝し、ツアー入りの可能性が出てきたダスティ・ペインも本日はラウンドアップを果たしました。ダスティアがツアー入りを決めるには、最低でも今回のイベントで13位が必要とのこと。ちなみに、明日のラウンド3で、ダスティは現ワールドツアーランク1位のガブリエル・メディナを含むヒートに入ってます。

ガブリエルが出場するのは意外ですね。というのも、ミック・ファニングは、パイプマスターズに専念するため、バンズ・ワールド・カップにはエントリーしていないので。ちなみに、ケリー・スレーターも出場しません。もともとエントリー予定がなかったのか、足指の骨折が原因なのかは不明ですが・・・。

若手で活躍したのは、16歳のレオナルド・フィオラヴァンティと17歳のセス・モニーツ。レオナルドに関しては、今回のイベントでセミファイナル進出以上の成績を残せば、来シーズンのワールドツアー入りの可能性も出てくるということ。波に恵まれないイタリア出身であり、若干16歳ということを考えると半端じゃないです。

今後の波予報によると、明日以降もダブルオーバーくらいの波がブレイクするコンディションということで、一気にコンテストは進んでいくと思います。残り日数も少ないですからね。興味のある方はライブをチェックして見て下さい。

公式サイト「VANS WORLD CUPのライブページ」

本日のコンテスト結果;
Round 2:
H1: Keanu Asing (HAW) 14.83pts ; Tom Whitaker (AUS) 11.97pts ; Heitor Alves (BRA) 10.56pts ; Gavin Gilette (HAW) 8.40pts

H2: Billy Stairmand (NZL) 12.60pts ; Ian Walsh (HAW) 9.60pts ; Jesse Mendes (BRA) 9.40pts ; Bino Lopes (BRA) 9.26pts

H3: Leonardo Fioravanti (ITA) 16.17pts ; Pancho Sullivan (HAW) 10.67pts ; Vasco Ribeiro (PRT) ; Willian Cardoso (BRA) 9.27pts

H4: Chris Ward (USA) 13 .90pts ; Beyrick De Vries (ZAF) 13.50pts ; Stu Kennedy (AUS) 9.50pts ; Ezekiel Lau (HAW) 8.57pts

H5: Jonathan Gonzalez (CNY) 9.44pts ; Perth Standlick (AUS) 6.67pts ; Kaito Kino (HAW) 6.33pts ; Caio Ibelli (BRA) 3.60pts

H6: Wade Carmichael (AUS) 11.17pts ; Kaimana Jaquias (HAW) 10.46pts ; Tomas Hermes (BRA) 9.33pts ; Gony Zubizarreta (ESP) 8.56pts

H7: Davey Cathels (AUS) 15.60pts ; Dusty Payne (HAW) 15.24pts ; Damien Hobgood (USA) 11.50pts ; Kiron Jabour (HAW) 6.93pts

H8: Connor O'Leary (AUS) 15.83pts ; Joan Duru (FRA) 10.67pts ; Torrey Meister (HAW) 8.60pts ; Billy Kemper (HAW) 6.13pts

H9: Maxime Huscenot (FRA) 12.73pts ; Kai Barger (HAW) 12.63pts ; Jack Freestone (AUS) 12.43pts ; Noe Mar McGonagle (CRI) 8.27pts

H10: Lucas Silveira (BRA) 14.66pts ; David do Carmo (BRA) 12.17pts ; Patrick Gudauskas (USA) 9.30pts ; Thomas Woods (AUS) 5.53pts

H11: Seth Moniz (HAW) 16.14pts ; Alex Smith (HAW) 14.83pts ; Carlos Munoz (CRI) 8.77pts ; Santiago Muniz (ARG) 8.17pts

H12: Charles Martin (GLP) 12.64pts ; Ricardo Christie (NZL) 12.40pts ; Cooper Chapman (AUS) 12.26pts ; Nathan Hedge (AUS) 10.60pts

H13: Italo Ferreira (BRA) 13.44pts ; Granger Larsen (HAW) 9.90pts ; Tanner Gudauskas (USA) 9.10pts ; Evan Valiere (HAW) 7.27pts

H14: Glenn Hall (IRL) 14.70pts ; Ramzi Boukhiam (MAR) 13.17pts ; Brent Dorrington (AUS) 11.83pts ; Nathan Florence (HAW) 9.50pts

H15: Garrett Parkes (AUS)13.27pts ; Tim Reyes (USA) 13.03pts ; Marc Lacomare (FRA) 9.50pts ; Nathan Yeomans (USA) 6.33pts

H16: Isaiah Moniz (HAW) 11.33pts ; Hiroto Arai (JPN) 8.10pts ; Micheal Dunphy (USA) 8.03pts ; Kaito Ohashi (JPN) 4.24pts


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事