今回でパート6となるルービン・アッシュのトリップシリーズ。前回のパート1~5は、下記のリンク先を参照して見て下さい。

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート1

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート2

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート3

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート4

ルービン・アッシュのワールドトリップ:パート5

パート5のイギリス編で終了と思いきや、カットバックしてきた同シリーズ。パート6となる今回の舞台は、フランスのホセゴー近辺、そしてスペイン北部となります。

毎年、夏休みなどといった連休になると、お決まりのサーフデスティネーションへ向かうサーファーも多いはず。ルービンも同様で、夏になると決まってフランスへ向かうと言います。

イギリスからの移動手段は、車でフェリーに乗って向かうとのこと。そして、毎年必ず、トリップ期間は事前の予定よりも長引くことになるそうです。パート4でも記していますが、フランス、スペイン、ポルトガルとこの時も、2ヶ月近くロードトリップしてますね。

今回の舞台となったサーフスポットは、フランスのホセゴー、バスク地方(スペイン)のムンダカといったリバーマウス、人工波がブレイクするウェイブガーデンなど。

特に、2:00~からのウェイブガーデンでのサーフシーンは興味深いですね。ルービンいわく、反復練習には最適だそうです。


スポンサーリンク

 

日本語カーナビで行く ヨーロッパ・レンタカー旅行完全ガイド イタリア編
荒俣 泰子 荒俣 宏
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 252,973

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事