• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

ハワイの現地時間12月13日に開催されたパイプマスターズのラウンド2。あまりにトリッキーなコンディションとなり、ロースコアのヒートが目立つ展開となったのは、先日のコンテスト記事に書いた通りです。

そこで、運営サイドはラウンド2の終了と同時にon hold(コンテスト再開が可能なコンディションに改善するのか待機)を一時間ほど取りましたが、今日は良くならないとの判断を下し、その日のコンテストは終了しました。

しかし、自然とは予想もつかないもの。その後しばらくすると、コンテストを終えたパイプラインは、今シーズン一番のコンディションになったそうです。その際に繰り広げられたフリーセッションが、今回の動画となります。

サーフシーンがスタートするのは、0:57~からとなります。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • ジョーディ・スミス 南アフリカ
    今年7月振りに海に入ったジョーディ・スミスの復帰セッション@南アフリカ
  • ロングボードツアー5位のエデュアルド・デルペロによるショートボードサーフ@フランス
  • ディーブランク(D'BLANC)のチームライダーとなったノア・ディーン
  • シーズン入りしたばかりのハワイで最新バックドアセッション
  • 広がるウェイブプールの可能性!アダプティブサーファーがザ・コーヴを体験
  • 2014年度ビラボン・プロ・タヒチで最も注目を集めるジャック・ロビンソン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事