スキムボーダーとして、ビッグウェイブにチャージしたりとエクストリーム路線を突き進むブラッド・ドンキー(25歳)。ブラッドの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

スキムボードサーフィンで過去最悪のワイプアウト

ビッグウェイブサーファーによるプエルト・エスコンディードでのチャージ映像続編

スキムボードの天才児ブラッド&パイプラインの申し子ジェイミーによるスーパーセッションinメキシコ

今回の動画は、そんなブラッドが珍しくフィン付きの一般的なサーフボードを使い、オーストラリアでフリーサーフする映像をお届けします。

フロリダ出身のブラッドが、スキムボードを始めるようになったのは12歳頃とのこと。ということは、おそらく、それ以前にはサーフィンをしていたと思います。そして、フィンレスに興味の対象が移行していったのではないでしょうか。

スキムボードで見せるトリッキーなライディング同様、通常のサーフボードでもエアリバースをしたりと、道具を変えてもブラッドのスタイルは健在ですね。

ただ、簡単にスライドしてしまうルースな乗り味のスキムボードに乗っている方が、安定感のある通常のサーフボードに乗っているよりも安定して見えてしまうのは私だけでしょうか。


スポンサーリンク

 

5日間の休みで行けちゃう! 楽園・南の島への旅
A-Works
売り上げランキング: 25,575

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事