数多くのフリーサーファーが存在する現在。フリーサーファーと一口に言っても、エアーを得意とするもの、レールワークを得意とするものなど様々です。

中には、一つに特化するのではなく、オールラウンドな才能を持ち合わせるサーファーがいます。その筆頭が、世界最高峰のフリーサーファーと呼ばれるデーン・レイノルズ。最近の若手なら、クリード・マクタガートやノア・ディーンなども当てはまりますね。

今回の動画は、そのデーンに限りなく近い才能を持っていると個人的に感じるニック・ローザのフリーサーフ映像をお届けします。ニックの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

天国と地獄を味わったニック・ローザ

スロースタートな今夏のカリフォルニアでフリーサーフ:ニック・ローザ

ニック・ローザによるニカラグアへのショートトリップ

撮影場所は、メキシコやカリフォルニアなどとのこと。デーンとも似たスタイルのニックの強さは、何と言っても基本となるスピードにあると思います。

特に、3:26~から連続して見せるバックサイドのボトムターンでは、レールをセットしてからの瞬発的なドライブにより、爆発的なアクションを繰り出すきっかけを生み出しています。

ジョシュ・カーやジェレミー・フローレスが得意とするアップサイドダウン・グラブリバースも、2:20~から見せているように難なくメイク。あらゆるトリックを網羅しているので、何度も見たくなる動画だと思います。じっくりと、細かい点までチェックしながら見ると非常に勉強になる動画ですね。


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事