ポルトガル出身のフィリペ・ジャルヴィス(24歳)。ヨーロッパを代表するトップレベルのサーファーであるフィリペが、インドネシアのスンバワ島レイキーピークへとサーフトリップした際の動画をお届けします。

ヨーロピアンサーファーにとって、インドネシアへのアクセスには時間が掛かるという話はよく聞きます。今回のフィリペも同様で、ポルトガルからスンバワ島ビマ空港までに、5回のフライトを経て、最後のビマ空港からレイキーピークのサーフキャンプまで3時間のドライブだったとのこと。

かなりハードなアクセスの末に辿り着いたレイキーピークは、やはりと言った感じのパーフェクションですね。フィリペのレールサーフィンが、レイキーピークの波にマッチしています。

これまでにレイキーピークを舞台にした記事は数々あるのですが、その中から厳選したスーパーセッションの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ビラボンライダーによるスンバワ島レイキーピークへのトリップ

レイキーピークでの世界最高峰フリーセッション:ジュリアン&ダスティ

コフィン兄弟のYoung Wise Tailsからリリースされたサーフムービー「Wildfire」


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事