とても興味深い内容のコンテンツを提供するエナジードリンクメーカー「レッドブル」。今回は若手プロサーファーをフィーチャーしたドキュメンタリーシリーズが登場しましたのでお届けします。

チャプター1としてピックアップされたのは、クイックシルバーのチームライダー同士であるレオナルド・フィオラヴァンティと五十嵐カノア。

イタリアのローマから20分ほどの地中海近くで育ったレオ。日本人の両親を持つカノアは、カリフォルニア育ち。どちらも異なる環境で育ったものの、クイックシルバーの看板を背負う若手サーファーとして世界中を飛び回る生活を送っています。カノアによると、ホームにいるのは年間の1/4程度の期間とのこと。

ハードなスケジュールをこなす二人ですが、二人に共通している点は旅が好きということ。異なるカルチャーを体験したり、その土地の言語を学んだりと、仕事であるサーフィンがメインの旅でありながら、楽しみを見出しているそう。

もう一つの共通点は、コンテストに参加するサーファーの誰もが夢見るワールドタイトル。つまり、コンテストサーフィンの頂点に立つこと。このような明確な目標を持つことで、ハードなトレーニングに取り組んだり、旅で移動の日々が続いても、めげることなく前進しているとのこと。

撮影が行われたのは、ワールドジュニアチャンピオンシップのために訪れたポルトガル。そのため、後半のフリーサーフ映像ではポルトガル出身のワールドツアーサーファーでありクイックシルバーライダーのティアゴ・ピレスも登場します。

ちなみに、今シーズンのWQSランキングはレオが28位、カノアが102位。二人が出場したコンテスト数は、ジュニアイベントとWQSを合わせ、レオが17回、カノアが21回。世界中のコンテストに出場している上に、これだけの回数をこなすわけですから、ホームでゆっくりする暇がないのも納得ですね。

二人の過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

注目ヤングガン:五十嵐カノア

What Youthがピックアップした18歳以下の注目サーファー:五十嵐カノア

若手クイックシルバーライダーのハワイセッション:レオナルド・フィオラヴァンティ

イタリアの地中海セッション:レオナルド・フィオラヴァンティ

メンタワイ諸島でのフリーサーフ:レオナルド・フィオラヴァンティ

世界に羽ばたく五十嵐カノア&レオナルド・フィオラヴァンティのクイックシルバーコンビ


スポンサーリンク

(注)デバイスによっては動画が見れない場合もあるので、その際は動画元となる下記リンク先からチェックして下さい。

動画元へのリンク先


レッドブルはなぜ世界で52億本も売れるのか
ヴォルフガング・ヒュアヴェーガー
日経BP社
売り上げランキング: 34,412

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事