リップカールウイメンズライダーのメキシコトリップ

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今回の動画は、リップカールの「My Bikini Takes Me To」シリーズでメキシコを訪れたリップカールウイメンズライダーの映像となります。

トリップに参加したのは、アラナ・ブランチャード、タイラー・ライト、ポーリン・アド、ニッキ・ヴァン・ダイク、ブリサ・ヘネシーの5名。アクションあり、バレルありのコンディションの中、メンズ同様、年々レベルの上がっているウイメンズサーフィン盛りだくさんとなっています。

ブリサを除く4名の参加者は、2014年度のワールドツアーサーファー。そこで、ツアーランクをチェックしてみると、最終戦でタイトルレースを盛り上げたタイラーはランク2位。ニッキはランク13位とツアー残留資格のトップ10入りできなかったものの、WQSランクでトップ6に入ったため、来シーズンのツアーも参加します。

残念ながら、来シーズンのツアーには参加できない結果となってしまったのは、アラナとポーリン。しかし、モデルとしても活躍するアラナは、サーファーの中ではSNSのフォワロー数はトップクラスの人気。

今年中旬時点において、フェイスブック+インスタグラム+ツイッターでアラナのフォロワー総数は231万人ほどで、ケリーの約234万人に次ぐ2位。いかに注目されているのか分かる結果であり、ツアーを離れても、サーフィンの裾野を広げる活動をしてくれることでしょう。

パーフェクトバレルのメキシコトリップ:リップカールウイメンズライダー


スポンサーリンク