ウインターシーズンという事で、サーフィン界が注目するエリアがハワイのオアフ島ノースショア。コンテストサーフィンの最終戦が行われる舞台であり、ワイメアといったビッグウェイブサーファー向けのスポットもあるサーフィンの聖地ですから当然ですよね。

しかし、同じハワイでも、ウイメンズワールドツアー最終戦の舞台であったマウイ島ホノルア・ベイに向かったのがヴィスラ(Vissla)。独自の道を突き進むヴィスラらしさを感じます。今回の動画は、ヴィスラのチームライダーが、ホノルア・ベイで行ったセッション映像となります。

登場するのは、ブライス・ヤングやカマレイ・アレクサンダーなど。個人的なハイライトは、オルタナティブボードに乗るブライスですね。アレックス・ノストに似たスタイルのブライスが、ボードを縦横無尽にステップする温故知新な姿は、優雅であり、新たなスタイルになりそうな予感がします。

ブライスが乗っているのは、アシンメトリー(左右非対称ボード)とのこと。アシンメトリーと言えばライアン・バーチで、似たような思考を持つサーファーは、自然と引き寄せられていくのですね。ちなみに、ロングヘアーのレギュラーフッターがブライスとなります。

ヴィスラの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

ヴィスラライダーによるオーストラリア&ニュージーランドトリップ


スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事