姉のエリー同様、ビラボンウイメンズライダーのホリー・デイズ・コフィー(16歳)。大型新人という言葉がピッタリなホリーは、ウイメンズサーフィンの世界で最もレベルが高いオーストラリアにおいて、若干14歳の時にオーストラリアン・タイトルのアンダー18部門で優勝したほどです。

個人的には、すでにワールドツアー入りできるレベルにあると思います。もちろん、動画ではワイプアウトシーンはほぼカットしているはずなので、動画で見せるサーフィンをコンスタントにメイクできることが前提ですが。

ただ、ここまでレベルの高い若手サーファーはなかなかサーフシーンに登場しません。若手時代に圧倒的なレベルのサーフィンを見せていたウイメンズサーファーと言えば、ステファニー・ギルモアとカリッサ・ムーア。

ガールズ部門では敵なしだったステファニーとカリッサは、ボーイズ部門にも出場していたと言うほどです。そして、ワールドツアー入りすると二人とも複数回のワールドチャンプとなりました。

トリックの点ではすでに世界トップレベルのホリーですが、ステファニーやカリッサと比べ、レールターンに関してはまだまだではないでしょうか。しかし、WQSで勝ち上がるには十分過ぎるレベルにあります。近い将来、確実にワールドツアー入りしてくるサーファーなので、要注目だと思います。

過去に掲載したコフィー家のロードトリップ記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

コフィー家のライフスタイル&ロードトリップ


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事