過去に発生したジェットスキーのワイプアウト映像

シェア(記事を気に入ればお願いします)

ウォーターレスキューとして大活躍のジェットスキー。今や、ビッグウェイブサーフィンでは欠かすことのできない存在です。また、コンテストにおいては、レスキューとしてだけではなく、カレントの強烈な時には、パドルバックでヒート時間を無駄にしないためにも使用されます。

そんな万能に思われるジェットスキー。しかし、機能不全ともなれば、危険な存在へと一変します。今回の動画は、そんなジェットスキーによるワイプアウト映像を二本お届けします。

一本目の映像は、マウイ島ジョーズで撮影されたもの。ビッグスウェルが近付いて来ているの、一向に動こうとしないジェットスキー。おそらく、エンジンがかからなくなったのかと思います。ギリギリまでドライバーは乗っていますが、最後の最後にアカーンとなり、逃げ出しています。

二本目の映像は、一本目よりも強烈。事故が発生したのはタヒチのチョープー。こちらも、ドライバーがアカーンとなり、ジェットスキーから飛び降りていますが、波に吸い込まれたジェットスキーの真下には、バレルを狙うサーファーの姿が。

ギリギリでサーファーとの接触は避けられたものの、鳥肌ものの接近ですね。少しタイミングが悪ければ、サーファーは命を落としたかもしれませんので・・・。

いずれの映像も、後になってみれば笑い話となりますが、なかなか背筋が凍る映像です。ただ、どちらもドライバーはアカーンとなってから、しっかりと逃げ出しているのがお見事ですね。チョープーでのドライバーは、あまりにも逃げるのが遅かったので、リップに吸い込まれて巻かれた可能性が高いのですが・・・。


スポンサーリンク


ジョーズ(マウイ島)

チョープー(タヒチ)

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)