• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

ウォーターレスキューとして大活躍のジェットスキー。今や、ビッグウェイブサーフィンでは欠かすことのできない存在です。また、コンテストにおいては、レスキューとしてだけではなく、カレントの強烈な時には、パドルバックでヒート時間を無駄にしないためにも使用されます。

そんな万能に思われるジェットスキー。しかし、機能不全ともなれば、危険な存在へと一変します。今回の動画は、そんなジェットスキーによるワイプアウト映像を二本お届けします。

一本目の映像は、マウイ島ジョーズで撮影されたもの。ビッグスウェルが近付いて来ているの、一向に動こうとしないジェットスキー。おそらく、エンジンがかからなくなったのかと思います。ギリギリまでドライバーは乗っていますが、最後の最後にアカーンとなり、逃げ出しています。

二本目の映像は、一本目よりも強烈。事故が発生したのはタヒチのチョープー。こちらも、ドライバーがアカーンとなり、ジェットスキーから飛び降りていますが、波に吸い込まれたジェットスキーの真下には、バレルを狙うサーファーの姿が。

ギリギリでサーファーとの接触は避けられたものの、鳥肌ものの接近ですね。少しタイミングが悪ければ、サーファーは命を落としたかもしれませんので・・・。

いずれの映像も、後になってみれば笑い話となりますが、なかなか背筋が凍る映像です。ただ、どちらもドライバーはアカーンとなってから、しっかりと逃げ出しているのがお見事ですね。チョープーでのドライバーは、あまりにも逃げるのが遅かったので、リップに吸い込まれて巻かれた可能性が高いのですが・・・。


スポンサーリンク


ジョーズ(マウイ島)

チョープー(タヒチ)

  • サリー・ストーリー シーズン2エピソード4:サリー・フィッツギボンズ
  • ジェイミー・オブライエンがキャッチサーフのログに乗ってパイプラインチャージ
  • iPhone6s Plusで全編撮影されたウォーターショットのミュージックビデオ「Dark Waves」
  • ポール・フィッシャーがシェイプしたニューコンセプトボード続編
  • ブラッド・ドンキーが過去最大サイズのショアブレイクバレルでボードトランスファー
  • アラナ・ブランチャード/サーファーガール シーズン3:エピソード1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
Who is JOB 5.0:エピソード9
エンターテイメント
ついにスタートした今シーズンの「Who is JOB 5.0」。パイプラインを代表するサーファーのジェイミー・オブライエンを中心に、サーフシ...