WSLが主催するツアーの一つであるBWT(ビッグウェイブツアー:つい最近までBWWT(ビッグウェイブワールドツアー)でしたが名前が変わった模様)。WSL主催としては2014/2015年シーズンが初開催であり、南半球を舞台にした前半戦は、規定サイズのスウェルが到来しないことから、予定された3つのイベントの内で開催されたのはビラボン・ピコ・アルトのみ。

その後、北半球を舞台にした後半戦に突入し、2014/12月に開催されたプンタ・ガレア・チャレンジに続き、マウイ島ジョーズを舞台にしたピアヒ・チャレンジの開催が決定されました。開催日は、ハワイ時間の2015年1月22日(木曜)午前8時(日本時間では1月23日午前3時)。

ハワイへビッグスウェルが今週入る予報は、先週末から話題になっていました。ピアヒ・チャレンジが開催されるのか、もしくはワイメアでのエディイベントこと、「Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」が開催されるのかと。結果、エディイベントの開催は見送られ、ピアヒ・チャレンジのみ開催決定となりました。

出場予定サーファーは以下の通り;

Top 12 WSL BWT Surfers:
1 - Grant Baker (ZAF)
2 - Ken Collins (USA)
3 - Nic Lamb (USA)
4 - Shawn Dollar (USA)
5 - Kohl Christensen (HAW)
6 - Alex Gray (USA)*
7 - Greg Long (USA)
8 - Ryan Augenstein (USA)
9 - Anthony Tashnick (USA)
10 - Ramon Navarro (CHL)
11 - Jamie Mitchell (AUS)
12 - Tyler Fox (USA)

*怪我で不参加のアレックス・グレイのリプレイスメントはAdur Letamendia (EUK)。

WSL BWT Wildcards:
1 - Kelly Slater (USA)
2 - Mark Healey (HAW)
3 - Shane Dorian (HAW)
4 - Dave Wassel (HAW)
5 - Makuakai Rothman (HAW)
5 - Gabriel Villaran (PER)

Pe’ahi Local Wildcards:
1 - Ian Walsh (HAW)
2 - Billy Kemper (HAW)
3 - Albee Layer (HAW)
4 - Shawn Walsh (HAW)
5 - Kai Lenny (HAW)
6 - Tyler Larronde (HAW)

当日は、ネットでライブ配信も行いますので、下記リンク先の公式サイトから観戦してみてはいかがでしょうか。

公式サイト「Pe'ahi Challenge」

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事